南部(那覇市・糸満市・南城市ほか)

ここでは、沖縄本島南部に位置する、フォトウェディングに最適なロケーションをご紹介していきたいと思います。

沖縄本島南部でフォトウェディングしたい!

沖縄本島南部の特長としては、世界遺産をはじめ、多くのパワースポットが集まっているエリア。昔ながらの沖縄の風景を楽しめるのも人気の理由です。

百名ビーチ(ひゃくなびーち)

百名ビーチ地元の人に愛され、聖域の浜とも呼ばれている百名ビーチ。神が降臨したという伝説もあるそうです。エメラルドグリーンの遠浅の海に、大きく広がる青い空、そして遠くに見える緑とのコントラストが非常に美しく、散歩しながらビーチフォトを撮影することができます。

美々ビーチ(びびびーち)

美々ビーチフォトウェディングで非常に人気の高いビーチ。東屋やヤシの木、橋などをバックに、バリエーション豊富な写真を撮ることができます。マリンスポーツやBBQ会場としても人気のため、観光も併せて楽しめます。お子さん連れの方がよく利用するそうなので、子どもと一緒の撮影を考えている方にもおすすめです。特に、夕日をバックにしたサンセット撮影は絶景だそうですよ。

知念岬公園(ちねんみさきこうえん)

知念岬公園南城市にある、遊歩道が整備された人気の岬。三方を海に囲まれ、空を入れた大パノラマが楽しめる、フォトウェディングでも注目を浴びているスポットです。朝日がキレイなため、それが目当ての観光客も多い場所だそうです。

ガンガラーの谷

ガンガラーの谷ジブリ好きであれば絶対一度は足を運びたい、神秘的な森です。パワースポットとしても知られており、幻想的な撮影を行うことが可能。亜熱帯の森には数十万年前にできた鍾乳洞があり、熱帯地方で育つガジュマルの木は20mもの高さになります。自然を感じながらウェディングフォト撮影ができそうです。

斎場御嶽(せーふぁうたき)

斎場御嶽琉球神話にも登場する、「最高位の聖域」と呼ばれる世界文化遺産。巨大な岩が作り上げるトンネルが特徴的なスポットで、神秘的な雰囲気の撮影を楽しむことができます。

牧志公設市場

牧志公設市場那覇市にある公設市場です。沖縄特有の食文化に触れあいながら、アットホームでレトロな雰囲気を楽しむことができます。普通のビーチ撮影ではなく、沖縄独特の雰囲気の中で撮影したい、個性的なウェディングフォトを望んでいるカップルにはおすすめです。

※このサイトは、個人が調べてまとめたものです。最新の情報は各スタジオのホームページなどを参考にしてください。