沖縄といえば!琉装

このページでは、せっかく沖縄で結婚写真を撮るなら琉球衣装で!と考えている方に向け、琉装とはどのようなものかなどをまとめています。

琉球衣装ってどんなもの?

琉装の女性琉装のカップル結婚式といえば、一般的にはウェディングドレスか和装ですよね。

でも、沖縄には独自の文化の中で大切にされてきた「琉球衣装(琉装)」というものがあります。これは、沖縄の伝統的な衣装で、高温多湿の気候に合わせて考えられてきたものだそう。

一見、和装に似ているなと思うかもしれませんが、様々な特徴があります。

まずはやはり見た目。南国沖縄らしい雰囲気に合った、カラフルで明るい色合いとなっています。

「カカン」と呼ばれるスカートのようなものの上に、「ドゥジン」と呼ばれる中着を着て、さらに打掛を羽織ります。暑いのに、こんなに着て大丈夫かな?と思われるかもしれませんが、暑い気候の中でも心地よく過ごせるよう、細紐だけで帯を巻かないという特徴があります。

袖も広く作られているため、風通しが良く、見た目よりも涼しく快適に過ごせるのです。ちなみに、生地は風通しが良い芭蕉布が使われているそうですよ。

そして選び方ですが、基本的に形は一緒ですので、あとは好みの柄や色を選ぶだけです。
黄色や白、水色がベースになっているものが多く、ピンクも人気のよう。自分の顔色に合う色を選ぶと良いかと思います。

また、気になるヘアスタイルですが、「ウチナーカンプー」と呼ばれるアップのヘアスタイルが主流。この髪型にするだけで、一気に沖縄色が強くなります。とは言え、そこまでは…という人も多く、浴衣感覚で可愛らしくアップにし、花飾りをつけるという感じでもいいそうです。

男性に関しては、黒の和装のような恰好。やはり風通しが良いように袖口が広くなっていたり、襟の丈が長いなど、和装とは違った特徴は持つものの、シンプルな作りとなっています。琉装ならではの黄色い帯と帽子がポイントです。

琉装でのフォトウェディングに合うロケーションやポーズは?

琉装でポーズを取るカップルロケーションはやはり琉球家屋や大自然、遺跡など、沖縄ならではの場所。レトロな雰囲気が合うかと思います。

形は和装に近いので、レトロな雰囲気とともにしっとりとした写真を撮るのも素敵です。家屋の中で記念写真のように撮るのも合いますし、和傘などの小道具も映えます。

さらに、和装に比べると明るく元気なイメージの色合いなので、多少の動きをつけたアクティブなポーズもとても可愛らしくマッチします。ドレスと和装の両方の良さを兼ね備えているとも言えますね。

※このサイトは、個人が調べてまとめたものです。最新の情報は各スタジオのホームページなどを参考にしてください。