両親・友人などゲストの衣装

沖縄はフォトウェディングのロケーションのなかでも人気が高いエリアの1つです。リゾートビーチだけではなく、伝統衣装や大自然に囲まれたチャペルなど、魅力的な風景が広がっています。

ただし、沖縄と本州を比べると、結婚式の雰囲気や風習などに異なる点がいくつかあります。その違いは、フォトウェディングの場合は特に服装に現れるため、あとあと写真を見返すと違和感のある光景に映ってしまうこともあります。

そこで、沖縄のウェディングで一般的な服装や本州との違い、注意点などについて事前に知っておきましょう。

父母の衣装

基本的にこれと決まった服装はありませんが、場の雰囲気に合ったものを選ぶ必要があります。フォトウェディングで両家の親族が集まる場合は、事前に服装などを確認しておくことをおすすめします。

かりゆしウェア

沖縄の定番衣装です。冠婚葬祭だけでなく、仕事の際に着用している人も多く、リゾートビーチでの撮影には特に利用されることが多いです。見慣れていなければアロハシャツのように見えますが、それより少しフォーマルな意味合いがあります。半袖と長袖があるので気候に合わせて選ぶようにしましょう。

タキシードや黒留袖もOK

本州で行われる結婚式のように、タキシードや黒留袖でも問題ありません。ただし、沖縄の結婚式は本州と比べるとカジュアルな傾向が強いです。また、気温などによってはタキシードは厚すぎるため、ジャケット・パンツ・ベストなどを組み合わせる人もいます。式の雰囲気や撮影場所などを事前に確認しておき、場違いとならない衣装を選びましょう。

レンタルも可能

一般的なタキシードや留袖、かりゆしウェアはレンタルすることも可能です。特に、かりゆしウェアは購入するとなると1着5,000円ほどかかるため、この時のためだけに購入するのは少しもったいない気もします。衣装を貸し出しているスタジオも多いので、事前に確認しておきましょう。

友人などのゲストの衣装

基本的には通常のウェディングと変わりませんが、やはり父母の衣装と同様に服装はカジュアルな傾向が強いです。式の雰囲気を確認し、友人同士でも服装を確認し合うのが無難です。また、できれば新郎新婦の衣装も事前に聞いておきましょう。

スーツ

男性の一般的な服装で、若い人ほどスーツを着る傾向にあります。男性の場合はあまり選択肢が多くないため、屋内の撮影で迷ったらスーツを着用しておけば問題はありません。

ブライズメイド衣装

ブライズメイド衣装とは、新郎新婦の服装のカラーやデザインに合わせて着こなすドレスのことです。通常の結婚式では、新婦より派手なドレスはタブーとされていますが、ブライズメイドは新婦の立会人という意味があり、地味になりすぎないのが特徴です。

また、ゲストでカラーやデザインを統一することも多く、たとえば新婦が白いドレスの場合、ゲストは黄色いドレスで統一すると新婦を引き立たせる演出となります。欧米ではパープルのドレスも定番となっていますが、ブライズメイド衣装は事前に服装を揃える手間などがかかります。

リゾートドレス

温かいシーズンでは、南国風のリゾートドレスも定番です。本州では躊躇するような明るいカラーも沖縄では当たり前ということも少なくありません。ただし、沖縄は天候の変化が激しい土地なので、場所が屋外ならば羽織るものも用意しておくのが無難です。

かりゆしウェア

かりゆしウェアはスーツとは違ってシャツを外に出すことが出来るため、動きやすく使い勝手が良いです。ゲストだけでなく、親族が着ても問題はありませんが、女性より男性の方が着用することが多いです。また、どちらかというと年配の人が着ており、年代が若いほど着なくなる傾向にあります。

かりゆしウェアを着る場合、下は特に決まっておらず、スラックスなど雰囲気が合っていれば短パンでも問題ありません。

沖縄のウェディングの注意点

沖縄のウェディングにおいて、ついやってしまいがちな注意点をご紹介します。絶対にやってはいけないというわけではありませんが、良い思い出を残すためにも、なるべく配慮してウェディングに臨みましょう。

季節による服装の違い

沖縄は本州からは想像できないほど気候が暖かいです。そのため、一般的に冬と言われている時期でもかりゆしウェアだけで問題ない場合が多いです。沖縄では3月~11月くらいであればかりゆしウェアで問題ありません。

また、12月も日によってはTシャツ1枚で過ごせるほど温かいことがあります。ただし、沖縄の気候は変わりやすいため、1枚余分に羽織っておくなどの工夫が必要となります。

アロハシャツはNG

まれに、かりゆしウェアの代わりにアロハシャツを着る人がいますが、あまりおすすめはできません。というのも、アロハシャツはかりゆしウェアより更にカジュアルな服装と位置づけられており、見慣れている人ならすぐにアロハシャツだとわかってしまいます。

せっかくのウェディングで後悔しないためにも、持っていなければレンタルなどを利用して用意しましょう。

靴は雰囲気に合わせる

一般的な結婚式はスーツに革靴などですが、服装がカジュアルな場合は靴もカジュアルにする必要があります。かりゆしウェアの場合はサンダルを履く人も少なくありません。結婚式にサンダルは少し不思議に感じますが、雰囲気が悪くなければあまりこだわる必要はありません。

服装が指定される場合がある

新郎新婦の要望で、ゲストの衣装が指定される場合もあります。ブライズメイド衣装の他にも、新郎新婦が琉球衣装を着たり、和装したりする場合はそれに合わせた服装を選ばなければなりません。場違いな格好にならないためにも、事前に確認しておきましょう。

海に入っての撮影

沖縄のフォトウェディングでは、リゾート感溢れるビーチで撮影することも少なくありません。また、その予定がなくても屋外での撮影となれば足下を海に浸からせる可能性もあります。なるべく臨機応変に対応できるような服装を心がけましょう。

※このサイトは、個人が調べてまとめたものです。最新の情報は各スタジオのホームページなどを参考にしてください。