やっぱり憧れ!ドレス

このページでは、沖縄でのフォトウェディングでドレスを着たい!という方に向け、選び方や注意点などをまとめています。

フォトウェディングに合うドレスって?

式は挙げなくとも、純白なドレスを着たいという女性は多いかと思います。しかし、ひと言でウェディングドレスといっても、その種類はとてもたくさんありますよね。

そこで、ドレスを選ぶ際に重要となる、「ボリューム」「色」「形」「素材」について調べました。

上品な白いドレス■ボリューム

ウェディングドレスといえば、長い裾。教会などでは、引きずるくらいの長さが重厚でシック、上品なイメージでマッチしますし、ふんわりとボリュームがあるドレスも素敵ですよね。でも、屋外の撮影の場合は、逆に邪魔になってしまいます。

特に、ビーチフォトの場合、ただでさえ砂浜で足をとられますから、あまりにボリュームがありすぎると撮影に支障をきたすうえ、重い感じが爽やかな海と合いません。動きの出る、スッキリとしたデザインがおすすめです。

■色

ブルーに映えるドレス沖縄のエメラルドグリーンの海と青い空に合うのは、やっぱり純白のドレス。もしカラードレスを着たいのであれば、暖色系ではなく、爽やかなブルーやグリーン、軽いイエロー系を選ぶと良いでしょう。原色よりもパステル系の淡い色の方が素敵な写真に仕上がります。

また、同じ白でも真っ白やオフホワイトなどがありますから、自分の肌の色に合わせ、似合う白を選びましょう。

■形

ウェディングドレスの形には、Aラインやプリンセスライン、スレンダーライン、マーメイドライン、エンパイアラインなどがあります。

  • Aライン…ウエストからすそへ広がるラインのドレス。ポピュラーな形です。
  • プリンセスライン…コルセットのようなかっちりしたトップで、下半身はボリュームのあるふんわりしたドレス。
  • スレンダーライン…スッキリとタイトなラインのすそが特徴の大人っぽいドレス。
  • マーメイドライン…ひざ辺りまではタイトで、そこから大きく広がったデザイン。名前のとおり、人魚の尾のような形でとてもエレガント。
  • エンパイアライン…胸の下に切り替えのあるデザイン。お腹を圧迫しないので、妊婦さんにおすすめです。やわらかい雰囲気が出ます。

Aラインやプリンセスライン、エンパイアラインはどんな体型のでも似合いますが、スレンダーラインやマーメイドラインは、ある程度背が高く痩せた体型の方が似合うデザインとなっています。

ビーチでの撮影の場合、エンパイアラインにするととても軽やかで爽やかな雰囲気を出すことができますよ。短めの丈のドレスもあるようなので、チェックしてみてください。

胸元があいたドレスさらに、UネックやVネック、ハイネック、スクエア、ボートネック、丸首、オフショルダー、ビスチェなど、ネックラインもたくさんの種類があります。

沖縄の屋外での撮影の場合、ハイネックなどはちょっと重く感じますので、肩の出たビスチェタイプが爽やかでしょう。

ただし、自分の顔の雰囲気や体型などによって、似合う似合わないがありますので、デコルテをキレイに見せてくれて、スッキリ爽やかなものを選ぶといいですね。

■素材

高級な式場ではサテンのドレスをよく扱っていますが、屋外の撮影の場合は重厚すぎます。どちらかと言うとオーガンジーのような軽くふんわりした素材がピッタリ。可愛らしく爽やかな雰囲気がでますので、ビーチフォトにも適しています。

また、ジョーゼットのドレープ感もリゾートの雰囲気にはよく合っており、シワになりづらいのも嬉しいポイント。上品で女性らしい雰囲気を出したい方や、サンセット撮影にもおすすめです。

ビーチでのウェディングフォトではドレスに動きを!

風になびくドレスせっかく屋外で撮影するのですから、爽やかで動きのあるポーズはどうでしょう?できるだけ裾を広げたり、風になびいているようにしたり、そのドレスの持つ良さを引き出してあげてください。

エンパイアラインなら、その軽やかさを出せるよう、走ったりジャンプしたり、裾をまくってミニドレス風にし、て元気なイメージを出すポーズが人気のようです。

もちろん、ポーズや構図はこちらで考えていかなくても、プロのカメラマンがたくさん提案してくれたり、動きを指示してくれます。ただ、自分なりにドレスをどう見せたいのかは考えていくと、より理想的な写真に仕上がるかと思いますよ。

注意すべき点は?

ドレスをどこで調達するかにもよりますが、ビーチでの撮影などになると砂などが付いたり、多少濡れることも考えられます。また、持ち込む場合、持ってくる間にシワになってしまっていることも十分考えられます。

スタジオで借りるのであればそういった心配はなくなりますが、ドレスにこだわりがある場合など、自分で決めてきたドレスを沖縄まで持ってくることとなります。

その場合は、どの程度汚れても大丈夫なのか、ビーチでの撮影に使っていいのか、濡れても大丈夫か、きちんと確認しておきましょう。

また、シワになってしまっている場合、焦って勝手にアイロンを当てるのではなく、まずはスタジオのスタッフの方に相談してみましょう。自分でなんとかしたい場合は、湯気にあてると良いそう。ただし、バスルームを使用する場合は、落ちてお湯に沈んだりすることのないよう、真上にドレスをかけないよう注意してくださいね。

※このサイトは、個人が調べてまとめたものです。最新の情報は各スタジオのホームページなどを参考にしてください。