• 沖縄のフォトウェディング撮影スポットをチェック!
  • フォトウェディング口コミ体験談@沖縄
  • 沖縄で理想のウェディングフォト撮影!事前チェックリスト
  • フォトウェディング・ 衣装選びのいろは沖縄編
  • 沖縄のおすすめフォトウェディングスタジオ一覧

せっかくのフォトウェディング、もし天気が悪かった場合は?

フォトウェディングとは?

ウェディング

人生の晴れ舞台といえば、成人を迎えた時、そして結婚式および披露宴などが挙げられるでしょう。

特に結婚式は、今までお世話になった家族、親せき、友人などに感謝をしながら幸せになることを願って意中の人とゴールインする大切な時間です。

人生がより良い発展を遂げるための節目でもある以上、その時の心境は幸せに満ち足りているはずです。

ところで、その結婚式の中には、「フォトウェディング」という種類があります。これは、文字通り結婚式の衣装を着たカップルが写真だけを撮影するというもので、最近、このスタイルをとるカップルが増加しています。

フォトウェディングの基本

フォトウェディングの基本は次の通りです。

定義

挙式や披露宴をしないカップルが写真のみを撮影すること

フォトウェディングを選択するカップルの特徴

  • 入籍のみのカップル:結婚式までは求めないが物足りなさを感じたので撮影するケースがある
  • 家庭の事情で結婚式を挙げなかったカップル:再婚、授かり婚などの理由で世間体を気にして結婚式までは求めないカップルが撮影するケースがある
  • 一定の結婚生活を歩んできたカップル:結婚式を挙げずに結婚生活を数年間過ごしたカップルが撮影するケースがある

フォトウェディングの魅力

  • 衣装選びを楽しめる:スタジオが用意した色々な衣装を着ることができる
  • ロケーション撮影ができる:原則としてスタジオでの撮影になるもののロケーション先(ガーデン、教会、神社など)を選んで撮影することもできる
  • 時期を選ばずに撮影できる:いつでも撮影に臨むことができる
  • 費用が安い:結婚式および披露宴と比べると破格の安さである

前撮り(ウェディングフォト)との違い

  • フォトウェディング:結婚式の種類の一つ
  • 前撮り(ウェディングフォト):結婚式とは別に撮影すること

 

その他

  • マタニティであっても専用の衣装を用意するなどして撮影できる
  • 撮影時に、子供またはペットと一緒に撮影することができる
  • 車椅子の人などは介助者同伴であれば参加可能だが、あまりおすすめはしていないのが現状である

フォトウェディングは、自分たちのタイミングで撮影できるので、気楽に撮影に臨むことができます。ウェイティング業界側も、この流れに着目してフォトウェイティング専門業者が多数存在しています。

沖縄は人気ロケーション先

ところで、インターネットでロケーション先を検索すると、ある地域が特に引っかかります。

それは、「沖縄」です。周囲を海に取り囲まれた環境、歩んできた歴史と文化、マリンスポーツなどを武器にした観光業を主要産業としている沖縄県は、全国的なフォトウェイティングの人気ロケーション先となっています。

不測の事態が起きた時の対応

雨

しかし、沖縄といえば、特に夏から秋にかけては、その立地条件の関係上、台風の通過点となっていることなどもあって、万が一にも天候不順となった場合の対応は心配になりがちです。

そのため、沖縄の地をメインにフォトウェディング事業を展開している、「沖縄ウェディングオンライン」では、キャンセル料に関しては次のようなポリシーを公表しています。

キャンセル料

客の都合によるキャンセル時はキャンセル料が発生するが、その方法は、旅行代金と同様に当日から逆算して計算されるため、ギリギリになってからの申込は注意すること

体調不良によるキャンセル料

事前に対応するスタッフの手配があるため、キャンセル料は発生する

飛行機が欠航したことによるキャンセル料

交通機関の不通は、予定金額を全額返金する

また、天候不良によって撮影が困難とされた場合は、次のような代替案があります。

  • 沖縄旅行の期間中に振替撮影をする(日程調整が難しい場合は、撮影予定日より1年以内にて撮影を保障するがそれも難しい場合は全額返金となる)
  • 室内プランに変更して撮影をする

このように、できるだけ支障が出ないように配慮されています。

雨の中でも取れる素敵なフォトウェディング

ただし、撮影当日に大雨などの天候不良となってしまった場合でも、即座にキャンセルまたは振替撮影を検討することは避けて、一旦冷静に状況を考えてみることです。

何故なら、一生に一度のフォトウェディングだからこそ、逆にその天候不良が加わることで思い出に残るフォトを完成させられる可能性があるからです。

実際、前述でも紹介した沖縄ウェディングオンラインでは、振替の提案だけでなく、時間帯をずらして撮影をする案も提案しています。

仮に、それもできない場合は、もう雨の中で傘を差しながら撮影することを推奨しています。

実際、掲載されているフォトを見ると、スタッフの努力も実って素敵な写真が目白押しです。

例えば、カップルが手に持つ傘一つをとっても、海をバックにしている関係で青やピンクと明るめの色の傘を使用しています。

その結果、雨の中でも一層引き立つカップルの写真が出来上がっており、通常では見られない独特さも加わって目を惹く内容になっています。

また、トゥクトゥク(タイ、ラオスなどの東南アジアで普及している三輪タクシー)を使用した写真では、雨の中とは思えないくらい明るい日差しの中を楽しく運転しています。

このように、雨の中であっても、逆に通常の撮影を楽しんでいることが伺えられます。現に、撮影に臨んだカップルはいずれの写真に対してもとびっきりの笑顔を絶やさず、普通の結婚式以上の幸せな雰囲気を感じることができます。

トラッシュ・ザ・ドレス

また、雨の中といった天候不良の中でも撮影に臨むのは、単に思い出をより引き立たせるためだけでなく、あえて貴重なウェディングドレス(ウェイティングスーツ)を汚すことを目的とした、「トラッシュ・ザ・ドレス」という考えも関係しています。

これは花嫁がパートナーに対して真に愛を証明するために、わざとウェディングドレスのまま傘を差さずに濡れっぱなしになる、砂浜に転げる、海に入ってパートナーとの水掛けを楽しむどの行為を通して、「ドレスを二度と着る必要がない状態を作る」というものです。

つまり、「ドレスを着ることなくパートナーとの愛を永遠に誓う」という意思表示になるということです。

元々は海外で生まれた発想ですが、フォトウェディングでも採用されるようになると日本でも人気の撮影形式になっています。

ましてや沖縄の綺麗な海の中という環境での撮影です。撮影終了後は、その時間をまだまだ過ごしたいと思ってしまうことは間違いないでしょう。

フォトウェディングの今後

資金がない、授かり婚だから世間体が気になる、そもそも結婚式を挙げなくてもいいという考えがあるなどの事情もあって、普通の結婚式を挙げないまたは挙げられないというカップルはそう少なくはないでしょう。

しかし、カップルである以上、ドレスまたはスーツを着て、一生の思い出になる晴れ舞台に立つことを夢見ることはなんら不思議ではありません。

そんなカップルにとっては、フォトウェディングがまさになくてはならない存在といえます。

業者側でも、幸せな家庭を築き続ける源になってほしいという願いを持って、日々問い合わせてくるカップルを撮影しています。

晩婚化、未婚化、そして離婚率の増加とシングルマザーと呼ばれる女性の増加など、多様な価値観も現れて結婚に対する従来の定義が揺らいでいる現代社会ですが、真実の愛を提供するキューピットとしてフォトウェディングはこれからもその存在を確かなものとしていくことでしょう。

※このサイトは、個人が調べてまとめたものです。最新の情報は各スタジオのホームページなどを参考にしてください。