カメラマン・品質

ここでは、沖縄でウェディングフォトを撮る際、事前に確認したい項目の中から、カメラマンの腕や写真の仕上がりに注目していきたいと思います。

ウェディングフォトの重要ポイント!良いカメラマンを選ぶには

ウェディングフォトを撮るにあたり、重要となるのが、カメラマンの腕です。スタジオが違えばカメラマンのレベルも違うでしょうし、同じスタジオにいるカメラマンにでも写真の品質は変わります。

ひと言で品質といっても好みは人によりますから、評価はむずかしいかもしれません。同じ作品を見て良いと思う人もいれば、ちょっと違うな…と思う人もいますしね。

ただし、プロのカメラマンであれば、こういった感じの写真が撮りたいというイメージを提示すれば、その通りに撮ってくれます。そこで判断基準となるのが、これまでの実績や受賞歴。特に実績は重要で、どんなウェディングフォトを撮ってきたのかを見れば、自分の好みと合っているかもよく分かりますし、腕が本物かどうか、素人目で見てもわかると思います。

とは言え、人気の腕の良いプロカメラマンの場合、値段が高いこともあります。引っ張りだこになりますから、仕方ないですよね。そのため、特別なアートのような写真を望むのでなければ、ある程度自分の理想を提示し、それを叶えてくれるカメラマンにお願いするのが一番です。クオリティとコストのバランスが大切だと思います。

他にも、以下のことを確認するといいでしょう。

■人柄

ウェディングフォトは楽しむことが一番!撮影時の楽しそうな雰囲気はそのまま写真に現れます。ちょっとこのカメラマン合わないな…と思いながら撮ると、それが写真に出てしまうもの。撮られる側は慣れていないので、どうしても緊張してしまいますから、それを上手にほぐし、楽しませながら撮ってくれる人を選びましょう。特にお子さんも一緒に撮る場合は、より一層人柄を重視したいですね。

■意見を聞いてくれるか

美容師さんでもよく聞く話ですが、こちらの要望を言っても、結局美容師さん好みの髪型にされて不満を抱えながら帰る…といった経験が一度はありませんか?カメラマンでも、そういう人に当たってしまうと、こちらの好みではなくなってしまう可能性があります。

プロとしてアドバイスを出しつつ、きちんとこちらの意見も聞き入れてくれる人が理想です。

■アドバイスしてくれるか

撮られる側は素人なので、理想の写真イメージは伝えられても、プロからしたらもっとこうした方が素敵になる、ということもあるはずです。それを押し付けるわけではなく、的確にアドバイスしてくれる人を選ぶと、より素敵な写真に仕上がります。どんどんポーズなどの提案もしてくれると、安心して任せられますよね。いろいろなバリエーションで撮ってくるカメラマンなら、なお良いと思います。

※このサイトは、個人が調べてまとめたものです。最新の情報は各スタジオのホームページなどを参考にしてください。