ロケーション

ここでは、沖縄でロケーションフォトを撮影するにあたり、事前にチェックしておきたいことについてお届けしていきます。

理想のロケーションフォトを撮るために

わざわざ沖縄に行ってウェディングフォトを撮るのですから、最も重要となるのがロケーションですよね。実際に沖縄で体験した多くの方が、ずっと憧れをもっていたというビーチフォトを行っています。

しかし、沖縄のビーチであれば、どこも同じではありません。そのロケーションによって様々な特長があり、しかも、全てのビーチで撮影できるわけでもありません。

思い出のビーチで撮るつもりであっても、そこで撮影できるとは限らないのです。

これは屋外撮影ならではのデメリットとも言えますので、もし希望の場所があるのであれば、必ず事前にそこでの撮影が可能かどうかを確認しておきましょう。

その際、こだわりの場所があるのであれば、そこから近いスタジオに問い合わせることをおすすめします。たとえば沖縄中部に希望のスポットがあるのであれば、その周辺のスタジオを調べて問い合わせた方が、柔軟に対応してくれると思います。

Web上のイメージと現実の差に注意!

また、ホームページ上のイメージ画像を見て「ここで同じように撮りたい!」と思っても、実際の場所が本当に同じように撮れるかは疑問です。なぜなら、その画像は宣伝用に多少なりとも加工されていることも少なくないからです。

これはウェディングフォトだけでなく、式場の写真でもそうです。

チャペルの窓から覗いている空と海に感動し、足を運んで見学してみたら、実際は窓の外に電線が横切っていたり、海には多くのサーファーがいたり。そんなことはしょっちゅうあるそう。

そのため、イメージ画像や事前の説明を頭から全て信じるのではなく、実際の場所が本当に理想の写真を撮れるスポットなのかをチェックしておくことは重要です。

事前に足を運べればそれに越したことはないのですが、場所が沖縄ということもあり、気軽に行ける場所ではありません。そのため、Web上で一般の人が提供している写真を探したり、口コミの写真を探すのもひとつの手です。

ホームページなどで、お客様の声と一緒に実際の写真を掲載しているスタジオもありますので、それはとてもリアルで参考になるかと思います。そういったスタジオを選ぶのも良いでしょう。

どのようなコースがあるのか把握しておく

沖縄は海や大自然を満喫できる場所が充実していて、パワースポットと呼ばれる神秘的な場所もあります。

例えば、沖縄と言えば海ですがその中でも「百名ビーチ」はおすすめです。

百名ビーチは沖縄県南部にあり、神が降臨したという伝説のある場所で、色鮮やかな海と木々が混在しています。観光客が少なく、綺麗なビーチでゆっくりと撮影できます。

さらに、「ビオスの丘」という沖縄で大迫力の亜熱帯の森を満喫できるスポットもあります。

大自然の中にあるブランコや湖で撮影すると、童心に返って楽しんでポージングができます。

他にも沖縄には、県内全域に人気スポットが数多く点在しています。こういったスポットを組み合わせた、撮影巡りができるコースがおすすめです。

  • 世界遺産を満喫できるコース
  • 大自然を満喫できるコース
  • パワースポットを巡れるコース

このように、様々なコースがたくさんあるので選ぶのが楽しくなります。パートナーとよく話し合って、素敵な撮影コースを選びましょう。

「軽い」「柔らかい」ドレスがぴったり

ビーチフォトでは、重くて硬い印象のドレスより、軽くて柔らかく動きやすいドレスがぴったりです。ビーチでの撮影は風や光を取り入れた撮影になるので、風になびくような軽い印象のドレスがおすすめです。

また、肩や背中などの露出を多くすると、景色とうまくマッチします。足元は素足になることが多いので、ドレスを試着する時には、素足になった時のドレスとのバランスもチェックするようにしましょう。

ビーチフォトは、スタジオでの写真と違い衣装選びに気を遣うことが増えてしまいます。しかし、妥協せずに衣装や撮影場所を選ぶことで、最高のショットが撮れるので、しっかりと選ぶようにしましょう。

追加料金を事前にチェック

ビーチフォトは外での撮影になるので、風や雨などの天候に大きく左右されます。海の天気は変わりやすく、急な雨で撮影のキャンセル、風でヘアメイクが崩れるということがよくあります。

そこで、以下のようなケースに追加料金やキャンセル料は発生するのか、事前に確認するようにしましょう。

  • 天気によって撮影できなかった場合
  • ヘアメイクのアテンドをつけると追加料金がかかるのかわからない場合
  • ドレスを汚してしまった場合

事前にこれらの料金を確認せず、追加料金がかかって予算オーバーしたというケースもあります。安心して沖縄でビーチフォトの撮影をするためにも、必ず確認しておきましょう。

※このサイトは、個人が調べてまとめたものです。最新の情報は各スタジオのホームページなどを参考にしてください。