沖縄で注目を集めている水中フォトウエディングを紹介

ウエディングのスタイルは、年々新しくなってきています。

今は無理をして結婚式や披露宴はしないけど、結婚の思い出作りに写真だけは残したいという需要から、「フォトウエディング」というものも多くなっています。

その中でも、沖縄をはじめとする海が綺麗な場所で行われる「水中フォトウエディング」が注目を集めています。

フォトウエディングってどうやって進んで行くの?費用は?シチュエーションは?などなど、多くの疑問があるかと思います。

今回は一般的な「水中ウエディング」の方法と費用や注意点などについてご紹介したいと思います。

料金・相場

クレジットカード

フォトウエディングの相場は、そのレンタル衣装やシチュエーション、場所、カット、などたくさんの要素が重なり合って料金が決まるため、どの様に撮影するのかという部分に左右されることが多いです。

水中といっても、体全部が水中に入っているのか、ビーチでの撮影なのか、半分入った状態で撮影するのか、などたくさんのパターンがあります。

そのため、一概にいくらです、ということは言えないのですが、旅費を除くと数万円から数十万円というところが多いです。衣装に着替えて撮影という普通のプランだと、旅費を含めて30万円程度と思うといいのではないでしょうか。

ワンカットだけだと5万円を切るところも多いので、旅行のついでに思い出づくりでフォトウエディングということもできます。

シチュエーション

水辺でのフォトウエディングに関しては、様々なシチュエーションは方法があります。

  • ビーチで楽しそうに遊ぶ
  • 海辺でローアングルで撮影
  • 水中から水面を向けての撮影
  • 完全に水中での撮影
  • 水辺にボートを浮かべての撮影

などなど、二人の希望に沿って撮影ができます。撮影場所は沖縄などがメインですが、フォトウエディングの場合はドレスのまま水中や水辺の撮影が可能なところもありますので、神秘的なカットが取れます。

水中フォトウエディングで気をつけておきたいこと

美しいビーチ

撮影の季節に注意

水中フォトウエディングや水辺でのビーチフォトの場合、気になるのが天候ではないでしょうか。特に、夏過ぎの台風の時期などに沖縄などでフォトウエディングをする場合は、注意が必要です。

天気に関しては、雨が強く降った場合や、台風がきた場合はどうしようもありません。ですので、どの時期に撮影するのがベストなのか、フォトウエディングを依頼する会社と相談するのもありかと思います。

沖縄の場合はやはり12月から3月ぐらいの冬場は台風もこないと言われ、天候も安定している時期ではあります。

海の水位に注目

時期が決まればあとは撮影する時間帯にも注意を払っておきましょう。

特に水辺での撮影の場合は、海の深さが撮影の良さに反映してきます。特に満潮時は海の色が深く綺麗な撮影がしやすいとされています。満潮や干潮は時期によって違いがありますので、依頼先と相談して、ベストショットが取れる様に考えるのもポイントの一つです。

クラゲに注意

水中フォトや水辺に足を入れて撮影する様な場合は、「クラゲの出現」に注意しておかなければなりません。一般的には、5月から10月の間に出現が多いとされていますが、基本的には年中見かけられるので、注意が必要です。

クラゲ用ネットなどが設備として整っているところもありますので、撮影先の確認をしておくといいと思います。

撮影前の注意点は?

ドレスのレンタルと小物にも注意

ビーチ周辺や海辺で撮影する場合に、足元の小物レンタルができるのか、もしくは自分で用意すべきなのかを決めておきましょう。季節によっては、風が強い場合もあり、ドレスとはいっても風邪でめくれて足元が見えてしまう場合も。

通常はサンダルなどがレンタルされている場合もありますが、気になるなら自分で足元を用意して撮影時に写り込んでもいい様にしておくこともポイントです。

ドレスは見た目と動きやすさを

動きのあるフォトウエディングの撮影にしたい場合、見た目だけでなく動けるドレスであることも大切だと思います。

海辺で走ったり飛び跳ねたり、躍動的なショットを取りたいときに動きにくいといい写真が撮れません。ここは通常のウエディングと違うところとも言えます。

日焼け止めは必須

日中の日差しが強い中での撮影が長引くと、気になるのは日焼けだと思います。

沖縄の様な明るい太陽に包まれたところに行く場合は、万全に日焼け対策をしておくことをおすすめします。

汗対策

特に男性は、夏場の日差しが強い中でも撮影は汗がダラダラと出てしまう場合もあります。撮影に汗が映り込むのはちょっと嫌ですよね。

日焼け止め対策と一緒に、汗がすぐに拭ける様にタオルやハンカチを忍ばせておきましょう。

フォトウエディングの簡単な流れ

申し込みと打ち合わせ

色々なパターンがありますが、フォトウエディングを依頼する場合は、申し込みが終わった後に打ち合わせをするのが普通の流れです。

会社によっては、撮影当日の打ち合わせとなる場合も、余裕が欲しいときは事前打ち合わせがある方が安心です。

ドレスの試着

フォトウエディングの場合は、安価なプランや会社だと数着のものからドレスを選ぶ場合もあります。水辺で着られるものなど、制限がある場合もあります。

ただし、会社によっては豊富なラインナップの中から選ぶことができることも、ドレスの種類も確認しておくことをお勧めします。

撮影前の最終打ち合わせ

沖縄などで行う場合は、実際に現場についてからの最終の打ち合わせが行われることが多いです。今までお願いしてきた内容や、プランなどの最終的な確認とヘアメイクなどの相談が行われます。

撮影当日

以前の打ち合わせやドレスなどの選定、全てが終わっている状態で、当日の撮影となります。事前に打ち合わせした内容に沿って、撮影を行います。

時間などはプランによってまちまちで、早いものだと2.3時間で簡単なカットを撮影できるものもあります。スポットやシチュエーション、カット数によってもここは大きな違いがあります。

最後に

変わったフォトウエディングがしたい、神秘的な写真を撮りたい、思い出を残しておきたい、様々な理由でフォトウエディングを考えている人もいると思いますが、沖縄での水中フォトウエディングはそんな思い出に残る一枚が撮れるフォトウエディングです。

フォトウエディングをやりたい!と思っている人の参考になればと思います。

※このサイトは、個人が調べてまとめたものです。最新の情報は各スタジオのホームページなどを参考にしてください。