• 沖縄のフォトウェディング撮影スポットをチェック!
  • フォトウェディング口コミ体験談@沖縄
  • 沖縄で理想のウェディングフォト撮影!事前チェックリスト
  • フォトウェディング・ 衣装選びのいろは沖縄編
  • 沖縄のおすすめフォトウェディングスタジオ一覧
沖縄のおすすめフォトウェディングスタジオBEST5 » 沖縄で理想のウェディングフォト撮影!事前チェックリスト » ハネムーンと一緒に沖縄でフォトウエディングを行う場合の手続き方法や注意点

ハネムーンと一緒に沖縄でフォトウエディングを行う場合の手続き方法や注意点

フォトウエディングは、結婚式や披露宴はやりたくない、もしくはやれないけど、ハネムーンの気分や結構式の気分を味わいたいので写真だけは残しときたい、という人にオススメのウエディングプランです。

特に沖縄などの海が切れないとことで、ビーチフォトなどを行う人は、近年増えています。

そこで、どうせなら沖縄にハネムーンに行ったついでにフォトウエディングを撮って起きたい、とセットで考えている人も少なくないと思います。

そんなハネムーンのついでにフォトウエディングを行う場合に、気をつけて起きたい点やポイントについてご紹介したいと思います。

ビーチとカップル

料金はどんな感じ?相場は?

通常のフォトウエディングの料金は、ロケーションやカット数、時間、あとは衣装代などのオプションによって大きく変わってきます。

簡単にいうとピンキリであり、沖縄でも3万円?15万円ぐらいが相場となっています。しかし、あくまでもこれはフォトウエディングの料金であり、ハネムーンを考えている人は、さらに旅行代金がかかることを忘れてはいけません。また、基本的には土日祝日は料金が高くなるので、できるならば平日の方がコストカットできます。

最近では旅行代金とフォトウエディング、挙式、などがセットなっているものもありますが、旅行代金に関しては、どこから行くのか、時期はいつなのかによって相場が変わってきます。

通常繁忙期でなければ沖縄3泊4日で飛行機とホテルを含んで、3万円から7万円というところが相場となっています。もちろんホテルのランクやレンタカーをつけたり、すればこの限りではありません。

安い時期で、贅沢をしなければ一人当たり10万を越えない場合も全然考えられます。

手続き方法について

簡単な流れ

旅行代理店などを通じてフォトウエディングを申し込んだ場合は、大抵、現地のフォトウエディングを行ってくれる業者から連絡がきます。もしくは、旅行代理店での打ち合わせの可能性もあります。

そこで、しっかりと要望やロケーション、撮影日、時間、などを決めて行きます。

それから、納得が得られれば料金を入金したり、などの申し込みの作業になります。

ドレスなどの衣装選びは前日に現地で行われる場合もあります。大抵は前日に最終確認などを行って、当日の撮影本番に向けて動きます。

撮影当日はヘアメイクや衣装を着て、実際の撮影場所でフォトウエディングが行われます。撮影時間については、打ち合わせ通りに半日~1日かけて行われます。

撮影データやアルバムなどは、後日郵送となります。

旅行代金にオプションとして、沖縄のフォトウエディングを行いたいという人の場合の手続きについて簡単にご紹介します。

オプションについて

一般的には、貸衣装、ヘアメイク、撮影のデータ、カメラマンなどが基本的な料金に含まれている場合が多く、それからオプション料金がかかっていきます。

フォトウエディングプランで決めた場合には、この時の打ち合わせでオプションについて必要なものがあれば、つけることができます。

例えば、アルバムをつけたり、DVD撮影をしたり、小物だとブーケやロケーションを別の場所にしたりなど、様々なオプションがあります。

ハネムーンと一緒にフォトウエディングを行う場合の注意点

それではハネムーンと一緒にフォトウエディングを行う場合に、気をつけて起きたいことをまとめて起きます。

打ち合わせや衣装合わせがどこで、いつ行われるか

自分が住んでいるところと違う場所でフォトウエディンを行う場合、特に気をつけておかなければならないのが、打ち合わせ、衣装合わせです。

フォトウエディングのプランによっては、撮影当日にドレス選びを行う場合もあります。撮影当日というのは特に時間がありません。そのため、できれば前もって打ち合わせや衣装合わせができるところの方が、自分たちの要望が通りやすく、お気に入りのドレスで、撮影を行うことができます。

実際に行ってみるとロケーションが気に入らないや、衣装がちょっとということも少なくはありません。

撮影日・時間の確認

ハネムーンと合わせる場合は特に、撮影日を確認しておきましょう。

通常は沖縄の場合だと、沖縄到着日に打ち合わせを行い、次の日に撮影ということが多いです。その方が、観光疲れもなく、日焼けなど体の変化も起きにくいのでオススメです。

また撮影時間自体は3時間などと決まっていても、実際には衣装選びや最終打ち合わせなどで、予想外の時間が取られる場合もあります。

そのため、3泊などの短い旅行期間の場合、せっかくのハネムーンの時間があまり取れなかったということも考えられます。

撮影日とどのぐらいの所要時間がかかるのかをしっかりと把握して、フォトウエディンも観光も納得のいくものできると嬉しいですね。

持ち込み衣装の確認

何も全てドレスで撮影しなければならない、ということもありませんので、私服でカジュアルなカットも取りたい場合は、私服の持ち込みやロケーションなどを変えれるのかを確認しておくのも一つのポイントです。

大抵柔軟な対応をしてくれる場合が多いと思いますが、追加料金がかかったり、小物などは持ち込みができないなどという制限がある場合もあります。

そのような思い出の品を持ち込んだりする場合も、しっかりと依頼先へ確認しておくことが大切です。

簡単な挙式がついたプランも

フォトウエディングだけて良い、という方もいらっしゃると思いますが、プランによっては簡単な挙式、セレモニーを行うこともできます。

例えば、撮影時間内に誓約、指輪交換、誓いのキスや結婚証明書へのサインなど、一般的な結婚式で行うスタイルで10分?20分程度かけて行えるところもあります。

本格的なチャペルで行うこともできますので、挙式の雰囲気が味わえさらに撮影もしてくれますので、ついでに挙式もという方におすすめできます。

最後に

夕日と新郎新婦

フォトウエディングといっても、写真や動画でしっかりと二人の大切な思い出を残して起きたいので、事前にしっかりとプランの確認やできること、できないことを確認しておくことは大切です。

今回ご紹介したものはあくまでも一例になりますが、もしフォトウエディングを行いたいと思っている人の参考になればと思います。

※このサイトは、個人が調べてまとめたものです。最新の情報は各スタジオのホームページなどを参考にしてください。