撮影が終わってから写真が納品されるまで

撮影が終わってから写真が納品されるまで

写真のセレクト

ほとんどのフォトスタジオでは、撮影後に欲しい写真、使いたい写真を選ばせてもらえます。ここで注意したいポイントは、写真を選ぶ時に何を使って撮影画像を見せてくれるかです。フォトスタジオのほとんどがホームページでは「モニタで選べます」としか書いていません。モニタといってもタブレット端末からパソコンの画面までさまざまです。写り具合をしっかりと見るためにも、発色の良い大きなモニタを使ってくれるフォトスタジオを選択したいものです。理想的には映像のプロが使っているモニタで確認させてくれることですが、そこまでしてくれるフォトスタジオは少ないでしょう。
さすがにカメラ本体のモニタで写真を選ばせるフォトスタジオはないと思いますが、写真の選び易さを考えるとモニタの種類は重要です。そのスタジオがどのようなモニタを使っているか、できれば事前に確認しておくと失敗も少なくなるでしょう。

納品について

  • 写真データ
    写真データはフォトスタジオによって納品の扱いがまちまちなので、撮影をお願いする前にはしっかりと確認をしておきましょう。とくに受け取れるカット数については、プリントまで依頼したものだけとなるスタジオもあれば、撮影した全データを渡してくれるスタジオもあるので、そのスタジオがどれだけのデータを渡してくれるのか必ず確認して後々で後悔がないようにしたいものです。また、撮影プランにカット数があらかじめ決められていることもあります。これもフォトスタジオやプランによってまちまちで、全カット受け取れるものもあれば1カットのみになってしまうこともあります。安価なプランほどカット数は少なくなる傾向にあり、別途でカット数の追加を行うと、相場として1カット3,000円から8,000円前後、全カット買い取りとなると3万円から5万円前後の追加費用が必要となります。やはりフォトウエディングのような特別な写真は1枚でも多く手元に残したいもの。受け取れるカット数と撮影予算のバランスをよく考えて、フォトスタジオやプランを決定するようにしたいものです。
  • プリント・アルバム
    六つ切りサイズと呼ばれる縦横254×203mmの大きさとなるプリント写真からアルバム・フォトブックまで、さまざまな形式が用意されています。アルバム・フォトブックは、ハードカバーの簡素なものから布や皮で装丁された豪華なものまでラインナップされているので、予算に合わせて納得できるものを選びましょう。費用は中に入れる写真の枚数、修正や加工の度合い、装丁や材質によって大きく変わってきますが、相場としては3万円から10万円前後の幅が相場だと見ておけばよいでしょう。
    アルバム・フォトブックについては装丁など、そのフォトスタジオが用意するものでは満足できない場合もあると思います。その場合は写真データのみのプランを選択して、他の専門業者に注文してしまうのも賢い利用方法かもしれません。
  • その他のアイテム
    ほとんどのフォトスタジオでは、時計、フォトスタンド、ポストカードやカレンダーなどのフォトグッズを追加オプションで製作してくれます。2人だけの大切なアイテムとしてはもちろん、引き出物などに使ってもいいかもしれませんね。アイテムの種類や数量によっても費用や納期が大きく異なってきますので、利用するフォトスタジオに相談してみてはいかがでしょうか。

納期の目安

写真は、業者にもよりますが一般的には2週間から3週間で納品となることが多いようです。郵送やフォトスタジオの店頭での受け取りとなります。プリントする写真点数が少ない場合は、その場でCD-ROMにしてくれ手渡ししてもらえるフォトスタジオもあるので、急ぎで何枚か必要な方は相談してみてはいかがでしょうか。アルバムやフォトスタンドなど、加工が必要となるアイテムについては1ヶ月から2ヶ月くらいの期間が必要となることが多いので、それらのアイテムを希望する方は早めに撮影を済ませることをおすすめします。

※このサイトは、個人が調べてまとめたものです。最新の情報は各スタジオのホームページなどを参考にしてください。