一生の思い出を沖縄で!フォトウェディング情報局 » 沖縄で理想のウェディングフォト撮影!事前チェックリスト » フォトウェディングを子供と一緒に行いたい!

フォトウェディングを子供と一緒に行いたい!

子どもと一緒に結婚式を挙げたい人、結婚式を挙げる前に子どもを授かって結婚式を挙げていない人、結婚式を挙げる予定はなかったけど、子どもが生まれたことをきっかけに結婚式を挙げたいと考えるようになった人も多いですよね。

中には、「結婚式までは大げさにしたくないけど、ウェディングドレスは着てみたい」という女性も多いです。そんな方にピッタリなのが、フォトウェディングサービス。ちなみに、私も結婚式を挙げる前に子どもが生まれたので、いつか子どもと一緒にフォトウェディングを撮りたいと考えています。

ここでは「沖縄のフォトウェディング」にスポットを当てて、「あると便利な物」や「注意点」などについてご紹介するので、これからフォトウェディングを考えている人はぜひ参考にしてください。

フォトウェディングの注意点

お子様がいると、「ちゃんと写真を撮れるかな…」と心配になってしまいますよね。私も、子どもが6歳・5歳・3歳とまだ小さいので、スムーズに写真が撮れるとは到底思えません。

しかし、フォトウェディングの際はスタッフの方々が万全の体制でサポートしてくれるので、お子さんが一緒でも気軽に、楽しく写真撮影をすることができるようです。

しかし、沖縄での写真撮影は何点か注意点もあるので、一つずつチェックしてみましょう。

水分補給をしっかりする

沖縄は大変暑い場所なので、水分補給が大切になります。子どもは撮影が楽しくなると自分から積極的に水分を摂れないと思うので、親がしっかりと水分を摂らせてあげましょう。

暑さに気を付ける

子どもは地面との距離が近いので、大人に比べると暑さを感じやすいと言われています。ですから、大人が「暑いな…」と感じている時は、子どもはそれ以上に感じているという事になります。熱中症になってしまうと大変なので、こまめな水分補給だけでなく、日陰で休憩させたり、日傘を使うなどして、体調を崩さないように気を付けましょう。

準備するもの・あると便利な物

子どもと一緒にフォトウェディングを撮る場合に必要な物・あると便利な物をご紹介します。

UVカットグッズ

上述した通り、沖縄は暑さが厳しいことが多いので、ロケーション撮影の時は日傘や日焼け止めなどのUVカットグッズがあると便利です。

子どもの衣装

お子様の衣装をレンタルしない場合、自分たちで用意する必要があります。沖縄の民族衣装である琉装や、かりゆしウェア、アロハシャツなど、家族でお揃いの衣装を着るのも良い思い出になると思います。

楽天市場で調べてみると、アロハシャツは1,000円~で販売されていました。「子どもの衣装代は結構かかる…」という声も多いので、ネットで揃えている人も多いようです。

軽食

子どもはすぐに「お腹がすいた~」と言うので、おにぎりやお菓子、スナックパンなど、さっと食べられる物を用意しておくとよいでしょう。ただし、チョコレートのような、暑さで溶けてしまうようなお菓子は、衣装を汚してしまう可能性があるのであまりオススメできません。

また、飲み物もたくさん用意しておきましょう。子どもは汗をかきやすいので、アクエリアスやポカリスエットなどのスポーツドリンクでも良いかもしれませんね。

非日常な自然を楽しむ

親になると、常に子どもを優先して考えるので、自分のことが後回しになる人も多いですよね。「もっと美容に気を付けたい」「綺麗でいたい」と思っても、子どもが小さいとなかなかそうはいきません。

私も、3人目が幼稚園に行くまでは美容室にも行けず、自分で毛先を切って整えたり、主人に市販のカラー剤で染めてもらったりしていました。

生まれる前は当たり前のように行っていた美容室やネイルサロンも、子どもが生まれてからは自由に行けませんよね。私もそうだったのですが、「最近、美容に気を付けなくなったな…」と感じている人も多いと思います。

しかし、こういったフォトウェディングでは、メイクやヘアアレンジは全てプロにしてもらうことができますので、今までとは違った、輝くパパとママの姿を子どもに見せることができます。

また、青い海、白い雲、南国ならではの木、歴史的な家屋など、沖縄ならではの最高のロケーションの中で撮る写真は、一生の思い出になること間違いなし!非日常な自然を思う存分楽しみましょう。

写真テイストで選ぶ!
沖縄フォトスタジオ

自然体な雰囲気を得意とするスタジオから、リゾート感あふれる鮮やかな色加工が評判の老舗写真館まで、沖縄フォトウェディングをさらに素敵に撮影してくれるフォトスタジオを3つ紹介!

おすすめの
スタジオを見る