一生の思い出を沖縄で!フォトウェディング情報局 » 沖縄で理想のウェディングフォト撮影!事前チェックリスト

沖縄で理想のフォトウェディング撮影!事前チェックリスト

ここでは、憧れのフォトウェディングを沖縄で撮るにあたり、事前に確認しておきたいことをまとめています。

フォトウェディングと前撮りの違いは何?

フォトウェディングとは?

フォトウェディングとは、披露宴や挙式を行わない代わりに、ウェディングドレス姿や結婚式風の写真を撮影することです。大々的に披露宴や挙式はしないけど、一生の記念になる写真だけは残したい!というカップルにピッタリです。そのため「写真だけの結婚式」などとも言われています。

オシャレでキレイなフォトスタジオで撮影をするので、撮影も楽しく行なえます。挙式を行わないので、金銭面においても大きな負担がありません。こういった特徴があることから、フォトウェディングは結婚式を気軽に行える、新たなスタイルとして浸透しています。

また、フォトウェディングは様々なニーズに対応することも可能です。例えば、新婦が妊娠していると、大きいお腹を上手くカバーし美しく見せてくれる、マタニティドレスを着用して撮影することができます。

ペットも一緒に撮影したい・・・という場合でも一緒に参加することが可能です。家族同然のペットや身内と一緒に記念撮影をすれば、一生の思い出を残すことができます。

前撮りとは?

前撮りとは、結婚式を挙げる前の期間に記念写真を撮影することです。結婚式当日は式の準備などでバタバタするので、ゆっくり撮影をすることができません。そのため、前撮りをすると余裕をもって撮影をすることができます。

前撮りを行なう際は、結婚式本番と同じ衣装やメイクをするのでリハーサルにもなります。また、当日に着ないドレスを着用することも可能で、カラードレスや白無垢のドレス、和装など、希望すれば様々なドレスを着用して撮影をすることができます。撮影場所にもこだわることができるので、良い記念写真を残すことができます。

両者の違いは挙式の有無にあり!

「フォトウェディング」と「前撮り」は混同されやすいですが、大きな違いがあります。この2つの大きな違いは、挙式をするかどうかです。

挙式をしないフォトウェディングは、マタニティのカップルや結婚式をあげないカップルにぴったりです。結婚式をあげなくても2人の記念に残ります。

挙式の前に撮影をする、前撮りは挙式当日の撮影を行わないので、余裕をもって撮影を行えます。好きなポーズや撮影場所を事前に相談し、こだわりのある記念写真を残すことができます。

沖縄でフォトウェディング!事前チェックすべきこととは?

費用・プラン

沖縄での撮影の場合、フォトウェディングの費用に加え、旅費もかかります。とは言え、一般的な式を挙げることを考えると、1割程度しかかかりませんので、新婚旅行がてらフォトウェディングを行う方も多いようです。

時期をずらせば旅費も撮影費も格安になることがありますので、安く抑えたい場合はうまく工夫すると良いかと思います。各スタジオによって値段は様々ですので、気になるスタジオのホームページでプランを確認し、比較検討してみましょう。

ドレス・衣装

女性にとって、たとえ写真だけであっても、理想のドレスを身にまとうことは重要ですよね。男性からすると、純白のドレスであればどれも変わらないように見えるかもしれませんが、実は全然違います!自分をより魅力的にみせてくれるとともに、沖縄の撮影地にマッチするドレスを選ぶためには、ドレスのバリエーションがどのくらいあるかなど事前に確認しておく必要があります。

ロケーション

沖縄でのフォトウェディングと言えば、やはりビーチフォトですよね。中には、古民家で撮りたい!なんて方もいるでしょう。しかし、公共の場所など、沖縄のどこででも自由に撮影可能というわけではありません。もし希望があれば、撮影可能なスポットかどうかも調べる必要があります。

カメラマン・品質

思い出に残る素晴らしいフォトウェディングを撮るには、カメラマンの腕が重要!もちろん、腕だけでなく、人柄や相性なども大切です。自分のセンスや希望の雰囲気に合っているのか、今までどんな実績があるのかなどを知っておくといいと思います。

撮影当日までの流れ

結婚式を挙げる時ほど何度も打ち合わせが必要なわけではありませんが、理想の写真をみんなで作り上げていくためには、綿密な打ち合わせは重要となります。また、ドレスの試着なども必要になってきますので、当日までの流れを正確に把握しておきましょう。

これってどうなの?フォトウェディングQ&A

初めてのフォトウェディング、わからないことだらけで当然です。雨のときはどうしたらいいのか、家族とは写真が撮れるのか、海に入っての撮影は可能かなど、気になる疑問をまとめています。

撮影が終わってから写真が納品されるまで

撮影後、欲しい写真や使いたい写真を自分たちで選択するのですが、選び方にいくつかの方法があります。

タブレット端末やパソコンの画面など様々ですが、写り具合をしっかりチェックしたいなら、発色がよい「モニタ」がオススメです。納品は、データ・アルバム・プリント・時計やフォトスタンドなどのグッズで納品が可能です。

一般的に納期は2~3週間になることが多いようです。

沖縄フォトウェディングのプラン例

通常、フォトウェディングには、ヘアセット・メイクで1時間~1時間半、撮影に1時間半ほどかかるので、半日は拘束されてしまいます。ですから、最低でも1泊2日は必要です。

また、4泊5日など、新婚旅行を兼ねてフォトウェディングを撮影するカップルもいるようです。

リーズナブルに沖縄フォトウェディングを実現するポイント

やはり、フォトウェディングと言ってもリーズナブルに済ませたいと思っている人も多いですよね。

一般的に、撮影日は平日。衣装は基本のセットに含まれているもの。撮影場所はスタジオ。撮影小物は持参する。アルバムは利用しない。カット数は少数。

など、節約ポイントはいくつもありますが、全て実行してしまうと、満足いく撮影ができない可能性が高いので、パートナーとよく話し合って決めましょう。

後悔のないフォトウェディングにするために

ヘアメイクはしっかりと希望を伝えることが大事です。「ちょっと違うな…」と思ってもなかなか言い出せない人が多いですが、一生に1度の撮影なので、遠慮なく希望を言いましょう。

また、カメラマンの技術も大事です。イメージをしっかり伝えて、満足いく写真を撮ってもらいましょう。

思い出に残る1枚を!フォトウェディングアイデア集

〇2人で手をつなぐ

〇飛ぶ・走る

〇水遊びをする

〇ガッツポーズをする

〇ペットと一緒に

〇砂浜にメッセージを書く

など、フォトウェディングを楽しむアイデアはたくさんあるので、ネットでも検索してみると楽しいですよ!

フォトウェディングの事前準備について

離島に行く場合や遠方での撮影を行う場合は、渡航手続きや、宿泊施設の手配、旅行の準備などが必要になります。また、スキンケアやネイル、小物の準備もお忘れなく。

フォトウェディングのメリット・デメリット

〇メリット

・式を挙げるよりも費用を抑えられる

・ロケーションを選べる

・結婚式よりも手間がかからない

〇デメリット

・多くの人に晴れ姿を見せることができない

・天候に左右される

せっかくのフォトウェディング、もし天気が悪かった場合は?

天候が悪く飛行機が欠航した場合、振替撮影や全額返金、室内プランへの変更などの対応が多いようです。

体調不良で撮影ができない場合は、キャンセル料が発生するので、体調管理には気を付けましょう。

沖縄で注目を集めている水中フォトウェディングを紹介

水中ウェディングを撮影するカップルが近年増えてきているようです。全てのスタジオで水中撮影ができるわけではないので、ドレスや小物のレンタルができるスタジオを選びましょう。

ハネムーンと一緒に沖縄でフォトウェディングを行う場合の手続き方法や注意点

気を付けるべき点として、打ち合わせの場所や日程、持ち込み衣装の確認などが必要です。

また、オプション料金などが追加で発生することも多いので、その点にも注意しましょう。

洋装の前撮りにおすすめのアイテム

フォトウェディングでは、花束や指輪、フォトプロップスなど可愛い小物を使って撮影する場合があります。

最近では、自分たちでDIYした小物を持ち寄って撮影を希望するカップルが増え、ますます撮影のバリエーションが豊富になりました。

このページでは、ドレスやタキシードでフォトウェディングをする際にぴったりな撮影アイテムを紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

前撮りのブーケは生花?造花?

フォトウェディングを撮影する際によく使用されるアイテムとして挙げられるのは、やっぱり「ブーケ」!花嫁の必需品ともいえるブーケを生花にするか、造花にするかでそれぞれメリット・デメリットがあります。

ここでは、生花を使用した場合と造花を使用した場合の注意点なども詳しくまとめて紹介しています。

前撮りの衣装は何着用意するのがベスト?

せっかくのフォトウェディングなので、結婚式では着ることができない衣装を着て撮影したいですよね。

しかし、撮影時間や予算によっては、あまりに多い衣装数だと当日バタバタしてしまったり、想像以上にお金がかかってしまったという事態になりかねません。

ここでは、先輩花嫁たちがどのような衣装を選んでいるのか、平均的に何着程度の衣装で撮影に臨んでいるのかをお教えします。

フォトウェディングを子供と一緒に行いたい!

お子さんと一緒に沖縄でロケーション撮影をする場合、熱中症などの危険性があるので、紫外線対策や水分補給が必要不可欠になります。お子さんの体調が悪くなると、撮影どころではなくなるので、体調を考慮しながら撮影を行いましょう。

また、持ち物として「子どもの衣装」はもちろんですが、お腹がすいたときのために、おにぎりやお菓子、スナックパンなど、手や衣装を汚さずに食べられる軽食があると大変便利です。プロの手によるメイクやヘアアレンジをしてもらった両親の輝く姿を見て、お子さんも喜ぶこと間違いなし!普段なかなか触れられない沖縄の自然を体で感じ、一生の思い出を作りましょう。

写真テイストで選ぶ!
沖縄フォトスタジオ

自然体な雰囲気を得意とするスタジオから、リゾート感あふれる鮮やかな色加工が評判の老舗写真館まで、沖縄フォトウェディングをさらに素敵に撮影してくれるフォトスタジオを3つ紹介!

おすすめの
スタジオを見る